廃車

廃車っていってもどの様な時に廃車にするのか、廃車がどの様な状態になるのか詳しく知っている人は少ないかもしれません。実際、廃車にするという経験をした人が身の回りにもいない何ていう人もいるかもしれません。車は割と、下取りして買い替えたりする人も多いので、一般の家庭で廃車まで…という経験が無い方もいるかもしれません。廃車とはどういった状態をいうのでしょうか。廃車にするのはどんな風にすればいいのでしょうか。廃車は自分で簡単に手続きできるのでしょうか。廃車はどこでどういった手続きをするのか知っていますか。
所有している車を廃車にするには、きちんとした廃車手続きが必要です。ただ単に乗りつぶしただけでは廃車とは言いません。廃車と聞くと、もう乗ることが出来なくなってしまった車、動かなくなってしまい修理不可の車をイメージします。実際、廃車にしようという決めてはどの様なケースなのでしょうか。
まず、廃車第一条件としては、ローンです。基本的に車のローンが残っている場合、廃車にすることはできません。ローンがあるということは、車の所有権は自分にはありません。ローンを完済するまではローン会社が所有しているということになります。ということで、ローンが残っている間に車を廃車にする権限はないということになります。廃車にする場合は、ローンが完済してからというのが廃車基本的条件となります。ただし、特例もありますので、どうしても廃車にしなくてはならない様な状況であれば、ローン会社に相談しましょう。
廃車にするには、陸運局で手続きを済ませて初めて廃車となります。廃車の手続きは自分ですることも可能です。時間が無かったり面倒な場合は廃車手続きを代行してくれるところもあります。廃車手続きに時間をかけるか、お金をかけるかの選択ということですね。
廃車と一口に言っても、種類があります。永久抹消登録、一時抹消登録、輸出抹消登録です。永久抹消登録とは読んで字のごとく、永久にその車を抹消しましたという廃車登録です。なんか言葉が淋しいイメージですが、そのイメージ通り、車を完全に解体し、それを解体業者に証明を出してもらって、陸運局に廃車登録をします。解体しただけではその車はあくまでも存在するということになります。自動車税も変わりなく掛かってきますから、解体した場合は速やかに永久抹消登録をする様にしましょう。
次に一時抹消登録です。これも字のままで、一時的に廃車にする手続きです。これはどういったケースに適用されるのでしょうか。一時的に廃車にするということは、その間、自動車税や保険が発生することがありません。ということは、車を乗らない期間がやむなく発生する場合などに廃車にすることです。例えば、海外に長期出張、または長期入院などです。車に乗らない期間が長いのであれば、この一時抹消登録をしておくと便利かもしれません。車に乗らないことが絶対条件です。中古車として売りに出している様な時も適用されます。また乗れる様になったら、改めて登録をすればいいのです。これって意外と知られていないのではないでしょうか。最後は輸出抹消登録です。これは車を輸出する場合に適用されます。
廃車で気をつけなくてはいけないことはローンが残っていないかということ、そして、廃車は動けなくなった車のことではなく、きちんと陸運局に登録された車に関してです。廃車は手続きして、初めて廃車と呼ばれます。
廃車における手続きは自分自身でもできるし、廃車代行業者、廃車買取業者でも手続きができます。新車を購入する場合などは、ディーラーや買取業者に依頼するケースが多いかもしれません。まったくの廃車であるならば、自分で廃車手続きするのもいいかもしれません。きちんと調べて準備すれば、そう難しいことではありませんので、やってみるのもいいかもしれません。廃車の手続きを自分でする場合は、事前に揃えなくてはいけない書類等をきちんを確認しておきましょう。

recommend

ブライダルにぴったりのプリザーブドフラワー
手数料なしの宝石広場

Last update:2016/10/11